仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?

First Website > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?

仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?

話題の仮想通貨を副業的な位置づけで行うサラリーマンの人もいるかと思われます。ただ、デメリットとして税金のことを考慮しなければいけない点に注意が必要です。もし利益が出たにも関わらず、申告をせずにいると脱税となりペナルティを負う羽目になります。また、税金を無視して利益分を使ってしまうと、後々に納める税金を支払うことができずに苦労することにもなりかねません。仮想通貨を行うのなら税金のことも考慮した楽しみ方をするのが鉄則です。


ただし、利益の額によっては申告が不要なこともあります。それは給与所得以外の所得で、20万円以下の利益で収まる場合は特に申告をする必要がありません。したがって利益を目指すような楽しみ方をしている人でなければ心配をする必要はないでしょう。
申告が必要な時の所得の考え方ですが、基本的に雑所得として計算することになります。これは本業以外の所得を示す区分であり、仮想通貨をはじめ、該当する利益の得方をした場合はまとめて計算します。


なお、注意したいのが損益合算ができないことです。例えば損失が出た場合でも、そのマイナス分を本業で得た収益から差し引くことはできません。つまり損をした場合でも補填されることはないものの、利益になった場合はしっかりと申告をしなければいけないのです。雑所得はその区分内で計算をして利益を導き出す必要がありますので、きちんと整理しながら申告書へ記載するようにしましょう。


関連記事

  1. 仮想通貨の税金 損失は?
  2. 仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?
  3. 仮想通貨の税金 サラリーマンは難しいのか?