仮想通貨の税金 損失は?

First Website > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 損失は?

仮想通貨の税金 損失は?

ビットコインなどの仮想通貨によって利益が出た場合は、確定申告をしないとなりません。国税庁によると仮想通貨を売却したり商品を購入するなど決済に使ったり、あるいは仮想通貨同士を交換したりしたときに出た利益は課税対象になるとのことです。利益から必要経費を引いたものが所得となりますが、サラリーマンなどの給与所得者は、給与以外の所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。


仮想通貨などで得た所得は、税法上雑所得に区分され、FXと同じように課税されます。住民税を合わせると15~55%になり、所得が高いほど税金が高くなります。株式など他の金融商品や他の所得とは損益通算できませんから、注意が必要です。しかしセミナー参加や関連書籍代などの、かかった費用は経費として認められますので、記録しておく必要があります。また仮想通貨が急落したときなどは、雑所得内での損益通算が可能ですので、相場急落時に損失を確定させれば利益を少なくできます。


前年に多額の利益が出ていたときは、今年に大きな損失が出ていても前年の利益への課税は消えませんので、利益の半分くらいは納税のために確保して起きたいところです。


仮想通貨で得た利益と所得税の割合は大体次の通りです。195万円以下は5%・195~330万円10%・330~695万円20%・695~900万円23%・900~1800万円33%・1800~4000万円40%・4000万円超は45%です。正確な納税金の計算は税務署に相談することが一番ですが、ある程度の計算を行ってくれるサービスやツールがネット上にいくつかありますので利用すると納税金額の概算が分かります。


関連記事

  1. 仮想通貨の税金と利確のメリットとは?
  2. 仮想通貨の税金 損失は?
  3. 仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?
  4. 仮想通貨の税金 サラリーマンは難しいのか?