仮想通貨の税金と利確のメリットとは?

First Website > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金と利確のメリットとは?

仮想通貨の税金と利確のメリットとは?

仮想通貨の税金は総合課税となるので、5%~45%の所得税がかかります。億り人という言葉が流行っていますが、実際に1億円以上の資産を持つためには、1億円の利益を得ただけでは不十分ということです。住民税が10%かかるので、最大55%は税金でかかってしまいます。


しかし、利確をしなければ課税対象とはなりません。利益が確定した時点で課税対象となります。取引所でトレードをした時点や、仮想通貨を使って買い物をした時点で課税対象となります。仮想通貨同士で交換をした場合にどうなるのかは明らかではありません。例えば、ビットコインをリップルに交換をしたときにどうなるかということです。法律で明確にされていないものの、仮想通貨同士のトレードでも利益が確定したとみなされて税金がかかる可能性も高いようです。


このように、利益を確保してしまうと課税対象となるので、そのまま仮想通貨を持っていたほうがメリットがあると考えられます。もしもビットコインが将来的に1,000万円、1億円と価格上昇していくのであれば、そのまま保有しておくべきでしょう。しかし、ビットコインが順調に価値を上げていくという保証はどこにもありません。


法律によって規制をされたり、別のコインが主流になってビットコインは廃られたり、さまざまな可能性が考えられます。利益を確保することのメリットは、価値が安定した法定通貨の状態に戻せるということです。また、腕のある人なら頻繁にトレードを繰り返して利益を増やしていくこともできるでしょう。


関連記事

  1. 仮想通貨 暴落 1月17日の理由は?
  2. 仮想通貨の税金と利確のメリットとは?
  3. 仮想通貨の税金 損失は?
  4. 仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?
  5. 仮想通貨の税金 サラリーマンは難しいのか?