仮想通貨 海外取引所のデメリットは?

First Website > @仮想通貨 > 仮想通貨 海外取引所のデメリットは?

仮想通貨 海外取引所のデメリットは?

仮想通貨の取引をするならば、どこの取引所を利用するかということはかなり重要な問題です。そのとき日本国内だけでなく海外の取引所も検討するべきです。ただ、海外取引所を利用するならば、相応のデメリットが有ることも理解しておく必要がります。


日本人にとっては、最もハードルが高くなるのが言語の問題です。当然ながら海外取引所ではほとんど日本語が通用しません。自分の力で英語を解読して登録から取引までやらなければいけないのです。仮想通貨の取引で間違いをすれば、損失を生むかもしれないことを考えると使われている言葉の意味がわからないというのはとても不安です。


国によっては仮想通貨に対して、大幅な規制がかかることもあります。仮想通貨事態は国家によって運営されているわけではないのですが、取引所については色んな国で活動している会社であり、国家そして法の制限を受けているからです。もしも、仮想通貨に対して規制を行い、いきなり資産の引き出しができなくなってしまえば、それまでの苦労が水の泡です。


それから海外取引所に限らないかもしれませんが、詐欺取引所も存在しています。最初から健全な経営をするつもりがなく、多くの投資家から仮想通貨を集めて倒産してしまうというものです。海外では投資家も追求することが難しくなり、そのまま莫大な資産を持って行方知れずになってしまうのです。そのような詐欺取引所にだまされないためには、信頼できるところをしっかりと探さなければいけません。


関連記事

  1. 仮想通貨 リップル購入のメリットは?
  2. 仮想通貨 海外取引所のデメリットは?
  3. 仮想通貨 暴落 1月17日の理由は?
  4. 仮想通貨の税金と利確のメリットとは?
  5. 仮想通貨の税金 損失は?
  6. 仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?
  7. 仮想通貨の税金 サラリーマンは難しいのか?