仮想通貨 税金の損益通算のデメリットとは?

First Website > @仮想通貨 > 仮想通貨 税金の損益通算のデメリットとは?

仮想通貨 税金の損益通算のデメリットとは?

仮想通貨に投資した時には利益が出れば当然税金の支払いが発生してきます。税金の支払いが発生するのは一度投資をして利益が出た状態で法定通貨に交換したり、利益が出た状態で物やサービスの支払いに仮想通貨を使う事と取引所間の交換でも利益が出れば対象になります。投資であるので給与所得のように利益が出る一方ではなく、マイナスになる事もあるので利益と損失を足し引きして出た利益に対して課税されます。しかし仮想通貨の場合は事業所得や株式等で得た所得のように損益通算する事ができないので注意が必要です。


損益通算とは過去の損失と利益を足し引きする事で例えば前年に100万円の損失があって今年300万円の利益が出た時は前年の損失分の100万円分を今年の利益の300万円から差し引く事ができます。その結果200万の利益が出たという事で課税されます。

仮想通貨の場合はこの損益通算ができないので、前年に100万円投資して100万円の利益を出した事で200万円の資金を手にしたとします。一度利益を確定して年が明けて200万円を仮想通貨に再投資して仮にそれが0円になった場合は株式での所得や事業所得のように前年の100万円の利益を今年の損失と差し引きする事ができないので、去年の100万円の所得にかかる税金の支払いから逃れる事ができません。その為仮想通貨取引では他の金融商品よりも再投資をする時の課税リスクを考えて取引しないいけません。


関連記事

  1. 仮想通貨の仕組みとは?
  2. 仮想通貨 税金の損益通算のデメリットとは?
  3. 仮想通貨 アプリ一覧
  4. 仮想通貨 リップル購入のメリットは?
  5. 仮想通貨 海外取引所のデメリットは?
  6. 仮想通貨 暴落 1月17日の理由は?
  7. 仮想通貨の税金と利確のメリットとは?
  8. 仮想通貨の税金 損失は?
  9. 仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?
  10. 仮想通貨の税金 サラリーマンは難しいのか?