仮想通貨の仕組み デメリットとは?

First Website > @仮想通貨 > 仮想通貨の仕組み デメリットとは?

仮想通貨の仕組み デメリットとは?

仮想通貨の仕組みでデメリットと考えられるのは、値動きが激しくて場合によっては暴落をして一気に価値がゼロになる可能性もあるという事でしょう。仮想通貨は政府が発行する通貨のように価値の保証がありませんから、いつ何があるのか分からない通貨という事が言えます。今はネット社会で使えて便利という事でちやほやされていますが、一度信用を失うような事があって使えないかもしれないというような事があれば、一気にその価値は暴落することが考えられます。


勿論、株や為替なども暴落をする可能性はあるわけですが、基本的にはその価値がゼロになるという可能性は極めて低いといっても良いでしょう。株であればその会社が倒産すれば株の価値もゼロになるのですが、その可能性はかなり低いという事が言えます。仮想通貨については、そのリスクが大きいという事が考えられるのです。


というのは利用する当事者がその価値を決めるというスタイルなので、一度信用されないような悪材料が出れば、あっという間に使えない仮想通貨という事になり、その価値を失う事も考えられます。例えば盗難にあって多くの仮想通貨が盗まれたというような事があったとしましょう。そうなると、盗まれるような仮想通貨は誰も持ちたがりませんから一気に評価が下がって暴落して誰も使わなくなるという事も考えられるという事です。そのため仮想通貨は非常に値動きが荒いことになり、暴投と暴落を繰り返しやすいでメリットがあると考えられます。


関連記事

  1. 仮想通貨の仕組み デメリットとは?
  2. 仮想通貨の仕組みは難しいのか?
  3. 仮想通貨の仕組みとは?
  4. 仮想通貨 税金の損益通算のデメリットとは?
  5. 仮想通貨 アプリ一覧
  6. 仮想通貨 リップル購入のメリットは?
  7. 仮想通貨 海外取引所のデメリットは?
  8. 仮想通貨 暴落 1月17日の理由は?
  9. 仮想通貨の税金と利確のメリットとは?
  10. 仮想通貨の税金 損失は?
  11. 仮想通貨の税金 サラリーマンのデメリットとは?
  12. 仮想通貨の税金 サラリーマンは難しいのか?